取扱商品
P-プラス青果物を"冬眠状態にして"長持ちさせるMA包装
P-プラスは数多くの実績をいただいております。



Pープラスの秘密
青果物は、収穫した後も呼吸しています。この呼吸量を出来るだけ低く抑えることにより良品質を長く維持することが出来ます。
P-プラス包装は一見すると完全に密封されているように見えますが、このフィルムには30〜100ミクロンという非常に小さな穴があけられています。この穴によって袋の中の酸素と二酸化炭素の量が調整され青果物は冬眠のような状態に維持され鮮度保持が出来るのです。
これは野菜の生理に基づいたより自然な鮮度保持方法といえます。

Pープラス	アイテムと納入実績(テスト中も含む)
ほうれん草・オオバ・モロヘイヤ・小松菜・わけぎ・ニラ・小ネギ・アスパラガス・にんにく芽・もやし・キヌサヤ・枝豆
ブロッコリー・なばな・トマト・キュウリ・ナス・エノキ茸・まいたけ・マッシュルーム・カット野菜・柿・青梅・生花

データが実績。こんなに鮮度や栄養が長持ちします。
おいしさや美しさの低下防止はもちろん嫌気性群の増殖制御や栄養素の減少も抑えます。


生産、出荷、輸送、販売、ゴミ問題までいろいろな場面でメリットがいっぱいです。
画期的な新技術P-プラス包装をすることにより、収穫量と出荷量の調整ができ、ロスのない販売が可能になります。

生産地・野菜工場 卸売市場・スーパー・小売店
●収穫そのままの品質を維持しますから、差別化商品を開発できます。(産地ブランド化)
●一括包装ができ、出荷効率が上がります。
また出荷調整による安定供給が可能です。
●自動包装により、省人化や生産量のアップがはかれます。
●出荷エリアがぐんと拡大するほか、外食産業、コンビニエンスストアへの配送回数が削減できます。
●長期保存が可能なため、季節外れの販売も可能になります。
●発砲スチロール容器からダンボール箱への切替ができるため、ゴミ問題に貢献し、また、軽量化・コンパクト化がはかれ、運賃も低減します。
●長期間の鮮度保持により、商品ロスが低減します。
●店頭販売の品質保持を管理するための負担が減り、人件費の軽減につながります。
●透明な袋包装ですので、高級感・清潔感がアップします。また、バーコードにも対応します。

産地毎の野菜に合わせて全て設計しますので信頼性バツグンです。
P-プラスは、中に入れる青果物などの種類・重量・形態・流通条件・お客様のニーズに応じて、それぞれのフィルムのガス透過量を調整するオーダーメイド仕様になっています。